足してダメなら引いてみる?

家族をネタにコラムを書くことが密かな楽しみになっているkumiです。

今月の餌食は主人でございます。

主人は、幼児の頃からアトピーで、何年も肌荒れと痒みで苦しんできました。

年々症状が重くなり、指先は常にひび割れて流血し、手袋なしでは着替えさえ出来なくなっていました。

あちこちの皮膚科を受診して、様々な検査をしたり、大量のお薬を塗ったりしてきました。

何年通院しても、一時的に症状を抑える薬を塗るだけで、根本的な治療になっていないことは明らかでした。

見るに見かねた私は、ホメオパシーでの治療を提案してみました。

主人も藁にもすがる思いだったのか「最後にもう一軒だけ大きな病院へ行ってみて、そこで治らなければホメオパシーを始めたい」と言いました。

そして、最後の一軒の病院通いが始まったのです。

とある総合病院へ行き、

「どこへ行っても何を塗っても治りません。何の病気でしょうか?」

と聞く主人にお医者様は言いました。

「あ~、敏感肌。」

「敏感肌?!」

「そう。敏感肌。シャンプーは使ったらアカンで。」

あまりの軽い診断(笑)に主人は拍子抜けしたようですが、とにかくそれからシャンプーをやめ、お湯だけで全身を洗う生活が始まりました。

それから2ヶ月ほど経った今、何十年も苦しんだ肌荒れがキレイに治ったんです!

え? そんな簡単なことだったの?

今までに石鹸やシャンプーを疑ったことはあったので、アレルギーの検査をしたり、敏感肌用の製品に変えたりしたことはあったのですが、使うのをやめれば良かったんですねぇ。

難しく考えすぎていました。

うまくいかない時、何かが足りないのでは?と「足す」ことばかり考えてしまって、「引く」ことを見逃してしまう。

問題に真剣に取り組むほど、どうにかしなくては!と頑張ってしまうのですが、解決策は意外とシンプルなのかもしれません。

シャンプーをやめることがどれだけポピュラーな治療方法だったのかは分かりませんが、

時には「足す」ことより「引く」ことも大切なのね、と気付いた一日でした。

さて、もうすぐ立春(2月4日)ですね!

いよいよ春の兆しです♡

私は立春に向けて「始めたいこと」「叶えたいこと」をたくさん書き出しますが、「やめたいこと」の欄も作りました。

「引く」ことも大切ですからね。

「白砂糖」

「子供への小言」

「夜中のスマホ」…etc

少し考えただけでも、「やめたいこと」がいっぱい出てきます。

そして、やめたいことリストを眺めていたら、自分がどうありたいのか見えてきます。

もし「やめたいこと」を全て実行できたら、今よりずっと時間とエネルギーにゆとりが出来るはず。

その空いたスペースには、必要なものがスルッと入ってくることでしょう。

自分らしくないものは手放して、軽やかに春を迎えられますように♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA